トラリピの設定変更方法。資金を追加して本数を増やしてみた(50万円→70万円)

こんにちは。ニケ(@nike_kukuri2)と申します。

今回はトラリピの設定変更方法について書いていきたいと思います。

私は2018年11月からトラリピを開始して、50万円を元手にNZD/USDをマッタリ運用してきました。

【関連記事】
トラリピを資金50万円で開始!トラリピ設定を公開します。

最初の設定もマッタリで良いとは思うのですが、「トラリピにも慣れてきたし、資金を追加してもうちょっとトラリピの本数を増やしてみようかな」とも思ったので、資金50万円→70万円にしたうえで、より攻めた設定でNZD/USDを運用することにしました。

そこでトラリピの設定変更方法をシェアしておこうと思います。

トラリピの設定変更方法

トラリピの設定変更の手順は以下の通りです。

トラリピの設定変更方法

1. 設定変更したいトラリピを取り消す

2. 設定変更したいトラリピのポジションを整理する
※損益を確定しても良いなら決済する。損益を確定したくないなら指値を入れる。

3. 新しくトラリピを発注する

1. 設定変更したいトラリピを取り消す

まずは設定変更したいトラリピを取り消します。

1. マネースクエアFXにログイン後、TOP画面で「トラリピ管理表」を押します。
2. トラリピ一覧が表示されます。
3. 右下に「取消」ボタンがあるので、設定変更したいトラリピをチェックして、「取消」ボタンを押します。

これで取り消すことができます。

2. 設定変更したいトラリピのポジションを整理する

次に、 設定変更したいトラリピのポジションを整理します。

トラリピを取り消した場合、そのトラリピによって約定したポジションは自動決済されなくなります。そのため手動で決済する必要があります。

損益を確定しても良いなら、成行などで決済しましょう。損益を確定したくないなら、(無期限の)指値を入れましょう。

以下、方法を解説します。

1. TOP画面で「ポジション」を押します。
2. ポジション一覧が表示されます。
3. ポジションをチェックして「決済」ボタンを押します。そうすると手動でのストリーミングや指値注文が可能になります。
※損益を確定しても良いなら、注文方法「ストリーミング」などで決済します。損益を確定したくないなら、注文方法「指値」で設定します。

このようにしてポジションの整理を行っていきます。

3. 新しくトラリピを発注する

最後に、新しくトラリピを発注すれば完了です。

これでトラリピの設定変更が完了しました。

リーマンショック級が来ても耐えられる設定なのは変わらず

新しいトラリピの設定は以下のような感じです。ハーフ&ハーフで設定しています。

【買いトラリピの設定】
・通貨ペアは?:NZドル米ドル
・運用予定額は?:700,000円
・仕掛けるレンジ幅は?:0.5~0.7ドル
・仕掛ける本数は?:45本
・1本あたり何通過?:0.1万通貨
・1回のリピートで狙う利益は?:4ドル
・ストップロス設定は?:なし

【売りトラリピの設定】
・通貨ペアは?:NZドル米ドル
・運用予定額は?:700,000円
・仕掛けるレンジ幅は?::0.71~0.9ドル
・仕掛ける本数は?:45本
・1本あたり何通過?:0.1万通貨
・1回のリピートで狙う利益は?:4ドル
・ストップロス設定は?:なし

私のトラリピ設定はリーマンショック級の暴落が直撃しても追加資金なしで耐えられる設定です。

トラリピの本数を30本→45本に増やしましたが、資金も50万→70万に増やしたため、この点は今回も変わりません。

そういった設定のほうがメンタル的に優しいと考えています。もちろん実際にリーマンショック級が来たときは、一旦トラリピを停止して様子見するなどでもOKです。

以上、トラリピの設定変更方法でした。参考にしてみてください。

トラリピの始め方はこちら

マネースクエアの公式サイトはこちら

ちなみに私はトラリピだけでなく、ループイフダンも併用しています。

ループイフダンもトラリピより手数料が安くておすすめです。ループイフダンの口座開設はアイネット証券で可能です。

ループイフダンの始め方はこちら

アイネット証券の公式サイトはこちら